プロジェクターのWi-Fi接続、メリット・デメリット、選び方解説

2022.12.23

Wi-Fi対応のプロジェクターは、ワイヤレスでスマートフォンやPCを接続して、接続したデバイスの画面を投映する事が出来ます。
この記事では、Wi-Fi対応プロジェクターのメリット・デメリット、Wi-Fi対応プロジェクターの選び方を解説します。

Wi-Fi対応プロジェクターのメリット

ここでは、Wi-Fi対応プロジェクターのメリットを解説します。

コードレスで快適、空間も有効に使える

Wi-Fiを使用して接続するため、接続コードも無く、見た目もすっきりと使用できます。
接続するデバイスのためのコンセントの位置などを気にする必要もなく、自由に移動も可能です。
空間を自由に有効に使えるのは、大きなメリットと言えます。

スマホやタブレット等と簡単に接続できる

スマートフォンやタブレットとも、コードレスで簡単に接続が可能です。スマートフォンに保存されている画像や動画を、大画面で楽しむ事が可能です。
iPhoneなどのApple製品をワイヤレス接続する場合は、「Air Play」に対応したプロジェクターが必要になるので注意しましょう。

Wi-Fi対応プロジェクターのデメリット

Wi-Fi対応製品の場合、無線の電波を受信するため、より電力の消費が多くなるのがデメリットとなります。
モバイルプロジェクターの場合は、バッテリーのもち時間にも注意をしましょう。

Wi-Fi対応プロジェクターの選び方

プロジェクターと他のデバイスをWi-Fi接続して、映像・画像を映したり、会議用の資料を映したり、目的や用途は様々です。
Wi-Fi対応プロジェクター選びのコツを解説します。
  • プロジェクターを持ち運ぶならバッテリーの持ち
  • Apple製品をワイヤレス接続する場合は、「Air Play」対応のプロジェクター
  • 設置場所や使用シーンに合わせて選ぶ(ビジネス、ホームプロジェクター/単焦点プロジェクター)

プロジェクターを持ち運ぶならバッテリーの持ち

小型プロジェクターのような持ち運びに適したプロジェクターの場合、Wi-Fi接続でも電力を使うので、バッテリーのもち時間も重要となります。
大容量バッテリーのモデルなら、Wi-Fi接続もしつつ長編映画やスポーツ観戦などを楽しめます。

Apple製品をワイヤレス接続する場合は、「Air Play」対応のプロジェクター

iPhoneなどのApple製品をワイヤレス接続する場合は、「Air Play」の対応が必要となります。初めから対応のあるプロジェクターであれば、スムーズに接続が可能なので、確認しましょう。
非対応の場合は、プロジェクターとApple TVなどのAir Playに対応した機器を有線でHDMI接続し、その機器とApple製品を無線接続する事になります。
この接続方法だと、別途電源が必要となるので、設置位置など注意しましょう。

設置場所や使用シーンに合わせて選ぶ(ビジネス、ホームプロジェクター)

プロジェクターと他のデバイスをWi-Fi接続して、どのような場面で使用するかによって、選ぶプロジェクターの機能も変わってきます。
どのような目的、場所で使用するかも考慮して、機能を確認しましょう。

ビジネス向けプロジェクター

会議などのビジネスシーンを想定して、暗い会議室でも見やすい明るさを重視した製品が多いのが特徴です。
明るい講義室などで投影するのに適したルーメン値の高い製品もあります。
コンセントに繋ぐ手間を省くため、大容量バッテリーを内蔵したモバイルプロジェクターなどもあります。
グラフなどの資料をよく投影するのであれば、コントラスト性能が高いものを使用すると、見やくなるのでおすすめです。

ホームプロジェクター

映画やドラマ等の動画鑑賞、スポーツ観戦などのエンタメ利用がメインになる事を想定しているため、高画質にこだわった製品が多いのが特徴です。
近年では、ゲームプレイなどのニーズもあるので、低遅延の製品なども人気です。
搭載されている接続端子や無線接続の種類が豊富な方が、様々な使い方に対応できて便利です。

オートフォーカスや台形補正などの各種補正機能の有無も確認しておきましょう。
家庭で使用する際は、多様な間取りの中で使用する事となり、画面をフィットさせやすいプロジェクターの方が快適に映像を視聴できるからです。

Wi-Fi対応も「Aladdin X2 Plus(アラジン エックス 2 プラス)」

照明一体型のプロジェクター・Aladdin X2 Plus(アラジン エックス 2 プラス)なら、Wi-Fi対応はもちろん、その他の接続種類も豊富で、快適なワイヤレス接続が実現します。

Wi-Fi6対応で、旧モデル(Wi-Fi 5)に比べ、およそ1.4倍スピードを向上

Aladdin X2 Plus(アラジン エックス 2 プラス)では、Wi-Fi6(IEEE 802.11b/g/n/ac/ax)対応。
旧モデル(Wi-Fi 5)に比べ、約1.4倍スピードを向上し、より低遅延となています。(※AladdinX調べ)

Wi-Fi以外の接続も対応(Bluetooth 5.0搭載、HDMI接続)

Bluetooth 5.0搭載で、通信範囲は旧モデルの4倍となっているので、様々なBluetooth機器との接続がより簡単になっています。

HDMI接続は、Wi-Fi経由で専用コネクター(Aladdin Connector)を接続する事で、可能となります。
ワイヤレスで家庭用ゲーム機や、DVD/ブルーレイレコーダーなどに接続ができ、楽しみの幅が広がります。

AirPlay対応もおまかせ

AirPlayも対応なので、Apple製品の接続も問題ありません。
Apple製品とAladdin X2 Plus本体を、同じ無線LANのネットワーク環境に接続して、使用する事ができます。

コンテンツを映すのであれば最初から人気動画配信サービスの対応があるAladdin X(アラジン エックス)シリーズにおまかせ

Aladdin X(アラジン エックス)シリーズでは、人気の動画配信サービスに公式で対応があるので、他のデバイスを接続する事なく、すぐにコンテンツを楽しめます。

プロジェクターに接続した、他のデバイス上にあるアプリから動画を見ようとしたけど映らない…という心配も無いので、快適な映像生活が送れます。 TVer / Amazon prime video / Netflix / Youtube / hulu
abema / U-NEXT / FOD / GYAO! / WOWOW / Paravi / dtv / dアニメストア / バンダイチャンネル
他 順次対応

様々な接続形態に対応しているAladdin X2 Plus(アラジン エックス 2 プラス)なら、活用シーンも増えておすすめです。

関連記事:
「iPhoneとプロジェクター|繋ぎ方、接続の方法解説」
https://www.aladdinx.jp/blogs/popin-owned/iphone-projection
「Tverをプロジェクターで見る方法|搭載モデル、チューナー接続」
https://www.aladdinx.jp/blogs/popin-owned/tver-projector
「プロジェクターでNetflixが見られない原因、見る方法を解説」
https://www.aladdinx.jp/blogs/popin-owned/netflix-projector


さらに進化したAladdin X2 Plus(アラジン エックス ツー プラス)

世界初の照明一体型3in1プロジェクターAladdin X2 Plus(アラジン エックス ツー プラス)で、おうちを魔法の暮らし空間に。多彩なコンテンツで、みんな、あつまる、ひとつになる。

360度どこから見ても美しい小型プロジェクター Aladdin Vase(アラジン ベース)

インテリアに溶け込む花瓶のようなデザイン。360度どこから見ても美しい小型プロジェクターAladdin Vase(アラジン ベース)で、寝室やリビングをより一層おしゃれな空間へ。

メルマガ登録者限定クーポン配布中!

最大10,800円OFF

※当キャンペーンは予告なく終了する可能性があります

※通信キャリア(docomo、au、SoftBank等)のメールアドレスをご登録の場合、メールが届かないケースがございます。事前に「@xgimi.com」からのメール受信設定をしていただくか、Gmailなどのフリーメールでご登録をお願いいたします。