iPhoneとプロジェクター|繋ぎ方、接続の方法解説

2022.12.22

iPhoneとプロジェクターを接続する事で、iPhone内のデータや画像を大画面で投影して楽しむ事が可能になります。
この記事では、iPhoneとプロジェクターの接続種類や繋ぎ方、映らない場合の原因や、映像配信を1番簡単に楽しむ方法などを解説します。

iPhoneとプロジェクターの接続方法は2種類

iPhoneとプロジェクター本体の接続方法には、
  • 無線ミラーリング
  • 有線ミラーリング
の、2種類の方法があります。

ここでは、無線、有線接続それぞれの特徴や必要なもの、メリット・デメリット、やり方を解説します。

無線ミラーリング

無線ミラーリングとは、iPhoneとプロジェクター本体をケーブルは使用しない無線接続で繋ぎ、映像を投影する接続方法です。

無線ミラーリングに必要なもの

  • iPhone
  • Wi-Fi接続可能なプロジェクター(Android OSなどのOSを搭載したプロジェクター)
  • Wi-Fi環境

無線ミラーリングのメリット

  • 手間のかかる配線がいらない
  • ケーブルが不要なので、空間もすっきりと使える

無線ミラーリングのデメリット

  • 電波の状態によって、接続が不安定になった場合は、投影の遅延や途切れが発生する場合がある
  • アプリの著作権保護による仕様により、視聴制限のかかる映像が多い

無線ミラーリングのやり方

  1. iPhoneとプロジェクター本体を、同じWi-Fiに接続する
  2. iPhoneのAirPlayを用いて、映像を投影する

有線ミラーリング

有線ミラーリングとは、iPhoneとプロジェクター本体とを、ケーブルで繋いで映像を投影する接続方法です。

有線ミラーリングに必要なもの

  • iPhone
  • HDMI接続が可能なプロジェクター本体
  • 純正のApple Lightning - Digital AVアダプタ
※純正以外のiPhone用HDMI変換ケーブルも使用自体は可能ですが、有料動画の投影に対応していない事がほとんどとなります。
※HDMI変換アダプタ以外に、VGA接続用の変換アダプタもあり。プロジェクター本体にHDMI端子、VGA端子の両方がある場合は、他の製品でも対応の多いHDMI端子を使っての接続がおすすめです。

有線ミラーリングのメリット

  • プロジェクターのOS搭載が不要
  • アプリ側に制限がかかっている場合を除き、投影できる映像の制約がほぼ無い

有線ミラーリングのデメリット

  • 専用のアダプタを使用する必要がある
  • 配線が必須なので、多少手間がかかる

有線ミラーリングのやり方

  1. プロジェクター本体とiPhoneとを、純正のApple Lightning - Digital AVアダプタで接続する。
  2. プロジェクター本体のの出力モードを【HDMIモード】にし、iPhoneで投影したい映像を選択する。

iPhoneを接続する場合に必要なプロジェクターの機能

iPhoneに対応したアダプターなどが揃っていても、プロジェクター側の機能が無いと接続する事ができません。
iPhoneと接続したい場合は、プロジェクター本体に以下の機能があるかも確認しておきましょう。
  • Wi-fi対応
  • HDMI接続対応
  • Android OSやAndroid TV OS搭載
※Android OSやAndroid TV OSの搭載があるプロジェクターは、無線接続規格である「Airplay」、「MiraCast」などに対応しているものが多いので、直接スマホと無線接続する事が可能です。
スマホと無線接続するためのケーブルなどが不要になる、接続が簡単になる等のメリットがあります。

iPhoneの映像がプロジェクターに映らない原因とチェックポイント

接続が完了しても映像が映らない場合は、以下の点を確認してみましょう。

DRM(著作権保護機能)の視聴制限

配信サービスや映像自体に、DRM(著作権保護機能)がつけられているものは、iphoneとプロジェクターを接続しても、視聴制限がかかる場合があります。
無線接続の場合、また、有線接続でも純正のアダプターを使用していない場合などに多く見受けられるので、対応している機器を使用する事をおすすめします。

プロジェクター本体の入力検出

プロジェクター本体の出力モードが、iphoneとの接続と異なっているかもしれません。
プロジェクター本体、または付属リモコンでプロジェクターの入力切替を行いましょう。

ケーブルのゆるみ、断線などの不具合

iPhoneの映像が映らない原因として、ケーブルがきちんと刺さっていない、または使用中に外れてしまっていることがあります。
プロジェクター側、iPhone側のケーブルをそれぞれ一度抜き差しし、接続し直してみましょう。

 

また、ケーブルは外から問題無いように見えても、内部で断線している場合もあります。
その場合は、新品のケーブルと交換する必要があります。

手軽に映像配信を見たい場合は対応のプロジェクターがおすすめ

iPhone内の映像を映したいなら、ここまでの有線、無線接続の方法で投影、視聴が可能です。

iPhone上の映像配信アプリをプロジェクターで映したいという事であれば、初めから配信サービス対応のあるプロジェクターが断然おすすめです。
  • 手間のかかる接続が不要
  • 接続コードも増えずに省スペースで楽しめる
  • DRM(著作権保護機能)の視聴制限もクリアしやすく、見られる作品が各段に増える
  • 無線や配信サービス対応があり、モバイル型なら場所を選ばず映像が楽しめる
など、メリットも豊富です。

Aladdin X(アラジン エックス)シリーズなら無線対応、人気の動画配信サービスも充実

照明一体型のプロジェクターAladdin X(アラジン エックス)シリーズなら、人気の動画配信サービスに最初から対応しているので、面倒な接続が一切不要ですぐに大画面の映像生活が楽しめます。
2022年12月からは、TVerの公式搭載もされ、ますます活躍シーンが増えています。

対応の動画配信サービス

TVer / Amazon prime video / Netflix / Youtube / hulu
abema / U-NEXT / FOD / GYAO! / WOWOW / Paravi / dtv / dアニメストア / バンダイチャンネル
他 順次対応

照明一体型3in1プロジェクター・Aladdin X2 Plus(アラジン エックス 2 プラス) スマートライト型プロジェクター・Aladdin Vase(アラジン ベース) どちらもAndroid OS搭載で、AirPlayやホームネットワークなどミラーリング対応もおまかせです。

iPhone内の映像を大画面に投影して楽しむのもスムーズ、映像配信は元から対応が豊富なので面倒な配線も不要なAladdin X(アラジン エックス)シリーズで、様々なシーンに対応可能です。

関連記事:
「TVerをプロジェクターで見る方法|搭載モデル、HDMI接続」
https://www.aladdinx.jp/blogs/popin-owned/tver-projector
「プロジェクターでNetflixが見られない原因、見る方法を解説」
https://www.aladdinx.jp/blogs/popin-owned/netflix-projector
「プロジェクターのWi-Fi接続、メリット・デメリット、選び方解説」
https://www.aladdinx.jp/blogs/popin-owned/wi-fi-projector


さらに進化したAladdin X2 Plus(アラジン エックス ツー プラス)

世界初の照明一体型3in1プロジェクターAladdin X2 Plus(アラジン エックス ツー プラス)で、おうちを魔法の暮らし空間に。多彩なコンテンツで、みんな、あつまる、ひとつになる。

360度どこから見ても美しい小型プロジェクター Aladdin Vase(アラジン ベース)

インテリアに溶け込む花瓶のようなデザイン。360度どこから見ても美しい小型プロジェクターAladdin Vase(アラジン ベース)で、寝室やリビングをより一層おしゃれな空間へ。

メルマガ登録者限定クーポン配布中!

最大10,800円OFF

※当キャンペーンは予告なく終了する可能性があります

※通信キャリア(docomo、au、SoftBank等)のメールアドレスをご登録の場合、メールが届かないケースがございます。事前に「@xgimi.com」からのメール受信設定をしていただくか、Gmailなどのフリーメールでご登録をお願いいたします。