ニュース

世界の名画を日替わりでお届け!ホームプロジェクター「popIn Aladdin」がデジタル芸術鑑賞サービス「おうち美術館」の提供を開始

2022.11.24

照明一体型3in1プロジェクターシリーズ「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」は2022年11月24日、世界各国の名画を毎日日替わりで楽しめるデジタル芸術鑑賞サービス「おうち美術館」の提供を開始いたしました。

ポップイン アラジンで提供を開始した「おうち美術館」は、自宅にいながら普段の生活の中でアートに触れる機会をつくり、さらにオーディオガイドによって作品への理解を深めることができる芸術鑑賞サービスです。

なぜプロジェクターで芸術鑑賞なのか?
芸術鑑賞が心身に与えるポジティブな影響や、芸術による情操教育の重要性については様々な研究がなされています。ベルギーブリュッセルでは、心の不調治療の一環として、医師が美術館などの無料鑑賞券を患者に「処方」する試験的取組みがなされるなど、アートによるメンタルヘルス向上、ウェルビーイングに再び注目が集まっています。
(参照:2022年11月7日 時事通信 )

一方で、日本は他の先進国に比べ美術館の訪問回数が少ないとの調査があります。
(参照:2007年12月 森ビル株式会社 国際都市アート意識調査

欧米では、子どもたちが教育プログラムの一環として美術館を頻繁に見学したり、市民にむけ定期的に美術館を無料開放する行事があるなど、普段の生活の中にアートが浸透していますが、日本では美術館は敷居が高い、静かにすべき場所のため子連れでは足を運びにくいなどの声もあり、まだまだアートへの接触機会を十分に持つことができないように思われます。


photo: Shutterstock

そこでポップイン アラジンでは、普段の生活の中で気軽に芸術に触れ、親子で楽しんでいただく時間を提供すべく、「おうち美術館」の提供を開始いたしました。

おうち美術館で何ができる?
世界各国の名画が、毎日日替わりでおうちの壁に届きます。「おうち美術館」を起動すれば、ご自宅の壁がたちまちアートギャラリーに変わります。

大画面プロジェクターならではの楽しみ方ができるよう、作品を実寸大で投影し本物の大きさを実感したり、拡大して画家の筆致など、細部を鑑賞することも自由自在です。さらに、各作品の鑑賞ポイントについてオーディオガイドを聞くことができます。解説を担当するのは、元TBSアナウンサーで、現在も各所で活躍中の堀井美香(ほりい みか)さん。

普段の生活の中で、アートへの接触時間を自然に増やし、ユーザーの生活をより豊かなものになることを期待して開発した、ポップイン アラジンでのみ体験できるオリジナルコンテンツです。

今後は作品を飾るフレームを好みに合わせて変更し、デジタルインテリアとして複数のアートを飾る機能の提供を予定しています。

 



「おうち美術館」Appについて

■対象機種
以下、ポップインアラジンシリーズ全機種:
・popIn Aladdin 2 Plus
・popIn Aladdin 2
・popIn Aladdin SE
・popIn Aladdin
・Aladdin Vase

■利用方法
ポップイン アラジン > Aladdinホーム画面から「おうち美術館」Appを立ち上げてご利用ください。
※インターネット接続が必要になります